今日の本-20090618


01-
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー/養老 孟司, 竹村 公太郎…今回一番。自然がすべての基礎。その上に政治・経済、一番上(生産と無関係)が文化。食料自給率だろうが、環境・エコだろうが、「自然が人の生存のための基礎である」ということを忘れたら人は自滅する。
「戦地」派遣―変わる自衛隊/半田 滋…現在の日本の安全保障はどうあるべきか、という問い。「テロとは、日本が憲法に掲げる平和主義に対する重大な脅威である」と受け止めて「テロと戦う」のか。それは具体的にどんな戦いなのか(予防的な戦いとか大きく3種類ある)。戦い方を決めて早く法整備しないと、アフガンに行くとか行かないとかで、また国会でもめるだろう。
超バカの壁/養老 孟司…この人はやはりすごいなと思うのは、物事を考えるときのものさしが一定なのではないかな、と感じられること。つまり哲学者。近隣諸国との関係や、国内問題などすべてを同一の考え方で図ることができる。どんな難問もたちどころに回答が導かれる(のではないかと感じさせる)。いわゆる達人。
逆立ち日本論/養老 孟司; 内田 樹…ユダヤとはって話が面白かった。言葉の怖さというか能力をよく理解すべきだな。言葉で生きる生物・ヒトとしては。
種田山頭火/石 寒太…まあ、ちょっと読んでみました。へ~、そうやっても生きていけたんだ…って感じ。
万葉集を歩く/駒 敏郎…働かなくてよくなったら史跡めぐり、とか。
猛牛(ファンソ)と呼ばれた男―「東声会」町井久之の戦後史/城内 康伸…どんな国にもダークサイドがある。そこに生まれた人間はほとんどそこから逃れられない。
時流を読む眼力/渡部 昇一…まあいつもの人のいつものお話。
共生虫ドットコム/村上 龍…発売日2000/09でほぼ10年前になる。ひきこもりの問題は最近あまりきかない。
NHKスペシャル 村上龍“失われた10年”を問う (JMM EXTRA ISSUE)/村上 龍…発売日2000/05。現在も続いているJMMってもう10年。龍言飛語はよく見る。カンブリア宮殿もたまに見る。経済に着目するのが村上龍らしさか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中