20221105今日の本 図書館より

(1)『やわ肌くらべ』※官能小説にあらず。与謝野鉄幹と、その女たちのどろどろ。読めねえ。(2)『夏休みの空欄探し』※オモシロい。ジュブナイル(青春モノ)小説読む老人。死ぬまで中二。まあまあ次も機会があれば読んでもいいかな…

20221015今日の本 図書館より

(1)『警視庁科学捜査官』 (2)『フィールダー』古谷田奈月 ※佐藤優のフロマートカみたい。フィールドは世界だ。p238に至る数頁はオモシロい。やはりこういう意見も出てくるよな。神は人間に興味がない、というルクレチウスと…

20220917今日の本 図書館より

(1)『拝領刀の謎』(2)『御内儀の業』(3)『黄金色の雲』(4)『群青色の波』(5)『武者鼠(むささび)の爪』(6)『御上覧の誉』(7)『天下流の友』(8)『江戸の出版王』(9)『謎の殺し屋』※総合評価としては、いまい…

20220907今日の本 図書館より ぜんぶ辻堂魁

(1)『冬のやんま』p51 更けて待てどもこぬ人の、音ずるものは鐘ばかり…(※ネットにはナシ) 来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに焼くや 藻塩(もしほ)の 身もこがれつつ(権中納言定家(97番) 『新勅撰集』巻13・恋3・…

20220825今日の本 図書館より 辻堂魁

(1)『神様の果物』※これだけ篠綾子(2)『もどり途』(3)『冥途の別れ橋』p37 三味線を爪弾く音が路地に流れ、仄かに愁いを含んだ女の声が溶けていた。  わがものと 思えば軽し 傘の雪 恋の重荷を 肩にかけ… お茶を挽…

20220811『はじめての宗教論 右巻』

2009.12.10発行 p98 ほんとうのことを言うと、キリスト教は、霊魂不滅説には立ちません。p100 キリスト教では身体の復活も信じるからです。(略)われわれはわれわれの個性を残したまま生まれ変わる。 上のことばが…

投稿日: カテゴリー: 未分類