20220907今日の本 図書館より ぜんぶ辻堂魁

(1)『冬のやんま』p51 更けて待てどもこぬ人の、音ずるものは鐘ばかり…(※ネットにはナシ) 来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに焼くや 藻塩(もしほ)の 身もこがれつつ(権中納言定家(97番) 『新勅撰集』巻13・恋3・…