20220825今日の本 図書館より 辻堂魁

(1)『神様の果物』※これだけ篠綾子
(2)『もどり途』
(3)『冥途の別れ橋』p37 三味線を爪弾く音が路地に流れ、仄かに愁いを含んだ女の声が溶けていた。  わがものと 思えば軽し 傘の雪 恋の重荷を 肩にかけ…

お茶を挽く(ひく) 茶の葉を挽いて抹茶を作るのが暇のある人の役割だったことから、特に用事があるわけではなく、暇であることを指す言葉です。 特に、芸者や遊女などに客がつかず、商売が暇なことを言いました。

「あたじけない」の由来は諸説ありますが、「あたるしけなし(当たる蕪無し)」が由来となっていると言われています。 「あたる(当たる)」は該当するという意味で、「しけ(蕪)」は粗末でつまらないものを意味します。 これらを組み合わせると「該当するつまらないものさえない」という意味になります。

警動(けい‐どう)
江戸時代、町奉行が行った私娼窟(ししょうくつ)やばくち場への不意の手入れ。臨検。けいど。

(4)『あらくれ』
(5)『不義』p83 米沢の上杉家と言えば、当主の上杉綱憲(つなのり)は、赤穂浪士に討たれた吉良上野介義央(よしひさ)の長男である。吉良家を継いでいるのは、その上杉綱憲の次男の左兵衛義周(よしちか)である。
(6)『刃鉄(はがね)の人』
(7)『夏の雁』
(8)『青紬の女』
(9)『酔い待ち草』
(10)『天神小五郎人情剣』 ※辻堂魁氏の作品はどれを読んでも青臭さがない。ちょいとこの作品はハッピーエンドにしてほしかったなということはたまにあるが好きな作家に加わったな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中