20191224『第三のチンパンジー』ジャレド・ダイアモンド

20191224『第三のチンパンジー』ジャレド・ダイアモンド
p254
集団殺戮(ジェノサイド)の理由
一、人種 白人オーストラリア人による黒い肌をもつれタスマニア人の殺害。
p249
一六四二年、ヨーロッパ人がタスマニア島を発見。五千人ほどの狩猟採集民。
一八〇〇年、イギリスのアザラシ猟の猟師とと入植者が到着。
一八七六年、最後の純粋なタスマニア人が死ぬ。
p251
一七八八年、イギリスの入植者がオーストラリアに到着。
一九二一年、三〇万人いたアボリジニは六万人に減っていた。
p254
二、国籍 ソ連兵がポーランド士官をカティンの森で大量虐殺。
三、民族アフリカのツチ族とフツ族が互いに殺戮。ブルンジとルワンダ国内でそれぞれ一九七〇年代と一九九〇年代に。
四、宗教 レバノンやほかの中東諸国でキリスト教徒とイスラム教徒が互いに殺し合い。
五、政治 一九七〇年代、カンボジアのクメール・ルージュ(共産党)は何十万という同胞を殺戮。
p256
一九一七年から一九五九年にかけ、ソ連(スターリン)は六六〇〇万人の自国民を殺した。

一五七二年、フランスのカトリック教徒がプロテスタントを大量虐殺(『第三のチンパンジー』ジャレド・ダイアモンド p257)

p259
チンパンジーが仲間を殺し、戦争をしかけるのはよく知られている。(略)
芸術、話し言葉、薬物乱用など、人間の特質のなかでも、ジェノサイドは、人間が動物の先祖から濃密に受け継いだのかもしれない。チンパンジーは計画を立てて相手の命を奪い、隣り合う集団を皆殺しにする。相手のなわばりを征服するために戦争をおこない、雌のチンパンジーを略奪している。人間の特質である集団生活が始まった理由がわかる。ほかの集団から身を守るためである。人間は捕食者であると同時に餌食なのだ。

p260
ジェノサイドの歴史
(略)
p261
どうやらジェノサイドは、現正人類と人類以前の何百万年にもおよぶヒト(※霊長類?)の遺産の一部のようだ。

p262
技術の進歩によって、心理的にもジェノサイドが起こりやすくなったと、コンラート・ローレンツは主張する。
ボタンを押すだけの現代兵器によって、ますます大量殺人を抵抗なく受け入れられるようになった。
私(ジャレド・ダイアモンド)には半信半疑だ。現代とまったく同じように過去においてもジェノサイドはたびたび起こっていたと思える。(被害者数は少ないが)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中