2019.5.31 幸福学 ダイヤモンドヘッド社

2019.5.31 幸福学 ダイヤモンドヘッド社
図書館で借りた本。ガストにて。
p142
こうした考え方(多少悲観的な人生観が好ましい)も、一八世紀に「啓蒙思想」(聖書や神学などの権威ではなく、人間の理性によって世界を理解しようとする思想運動)の価値観が広まると、劇的な変化が生じる。
「おお、幸福よ。我らの存在の究極の目標よ」イギリスの詩人アレキサンダー・ポープ
「最善なるものとは、心がいつも躍然とし、憂いが消え失せることなり」ジョン・バイロン
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%B3

p147 一九二〇年代以降の幸福ブーム
ディズニーの社是「みんなを幸福にする」
p148
お子さまランチに代表される「ハッピーミール」が広まった。
一九六三年、広告会社の経営者ハーベイ・ボールは黄色いバッジで有名な「スマイリー・フェイス」を発明。ジョン・F・ケネディ暗殺事件が起こったにも関わらず爆発的に売れ、一〇年足らずの間にライセンス収入が五〇〇〇万ドルを超えた。
「ラフ・トラック」(テレビやラジオの番組で挿入される笑い声)が考案された。
写真撮影の技術が改良され、微笑みながらポーズを取るのが流行に。
p150
一九二六年『ハッピー・バースデー・トゥ・ユー』作曲。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中