小品No.407

小品No.407

ちいさな虫をひとりころす
ちいさな虫を何百人もころす
なにかをかんじる
それをニィチェがわらう
かなしくてわらいとばすのか
あざけりでわらいとばすのか
よくわからない

いつも二人にじゅうぶんなおカネはない
それでいい
たぶんあいてを不幸にするだけだから
コリン・ウィルソンがわらう
『あうと・さいだぁ』
ハイエクとフリードマンがいう
「ならばおカネをふやせ」
ケインズがいう
「公共の福祉があるじゃないか」
わらいとばそうか
勝者の論理でしかないのさっちょんぷりけ

存在しなければ悲しみはない
ハイデガーとサルトルからクレーム
はいはい
実存しなければ悲しみはない
フッサールからクレーム
はいはい
ただの現象に悲しみはない

あのこがないていませぬように
あのこがわらっていますように
サンタマリアどうかどうか…

それはフィクションか
ユヴァル・ノア・ハラリが言う
はいはい
そんなの百年前から予言されてる
SFライターたちによって
で? どうすりゃいいのさ?
は? わからない?
わらいとばそうか
うたおうか
おどろうか
どうぞ一曲
それすらも日々の果て
おっとごめんなさいゆかりさん

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中