人類の進化が病を生んだ

p7
死亡率を大きく下げたのは人類八〇〇〇世代の最後の四世代でしかない。
(略)
自己免疫疾患
①関節リウマチ
②多発性硬化症
③1型糖尿病
④炎症性腸疾患
アレルギー
①アトピー性皮膚炎
②喘息
なぜこれほど多くの人に広がっているのか。
p8
心臓病

p15
私たちの祖先が暮らす世界はいまよりずっと不潔だった。
p32
カレリア人の故郷であるカレリア地方は、かつてフィンランドだったが、第二次世界大戦の最中に一部がソ連に奪われた。以来、この地方はロシアとフィンランドに分かれたままだ。(略)国境を接するロシアとフィンランドでは、国民総生産が八倍ちがう。これはアメリカとメキシコの差より大きい。しかしフィンランドのカレリア人は、ロシアのカレリア人に比べて、糖尿病で六倍、セリアック病で五倍、甲状腺炎で六倍、発生率が高い。アレルギーの発生率はもっと高い。ロシアのカレリア人はフィンランド側より貧しく不潔な暮らしをしているが、免疫の病気については健康ということだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中