覇道の槍 天野純希 文庫(2)p234~273

p235 賢治暗殺後、軍は敗走した。それを待っていた浦上村宗は兵を起こして一月足らずで播磨全土を制圧。 八月、村宗は摂津へ侵攻を開始。六郎は京兆家の薬師寺国盛を西摂津に派遣したが、勝てそうにない。 ***Wikipedi…

『ハチミツの歴史』LUCY M. LONG

『ハチミツの歴史』LUCY M. LONG p30 一七世紀から、西洋におけるハチミツの重要性は衰え始める。砂糖の人気が高まり、入手しやすくなってきたからだ。砂糖はスパイスや奴隷の取引と結びついていた。都市部の成長と、農…

幸福について ショーペンハウアー

『幸福について』ショーペンハウアー p9 はじめに この本の、「生きる知恵」とは、「人生をできるかぎり快適に過ごす方法」という意味である。 「幸せな生活とは何か」。「生きていない状態よりは明らかに好ましい状態」。そう定義…

『砂糖の歴史』Andrew F.Smith

『砂糖の歴史』Andrew F.Smith p7 人間は甘いものに魅せられる。当然だ。『砂糖の歴史』Andrew F.Smith人間の舌の表面には一万の味蕾(みらい。味を感じる器官)があり、そのすべてに甘味を感じとる働き…

『牛肉の歴史』LORNA PIATTI-FARNEL

『牛肉の歴史』LORNA PIATTI-FARNEL p8 人類が他の生き物を家畜として飼うようになったのは一万二千年前で、山羊や羊、ブタといった小型の動物が中心。牛の家畜化は紀元前八千年(※一万年前、となぜ書かない?)…

『ピザの歴史』CAROL HELSTOSKY

『ピザの歴史』CAROL HELSTOSKY p7 序章 シンプルで複雑なピザ 一八三五年、フランスの作家で美食家としても有名だったアレクサンドル・デュマは、イタリアのナポリを訪れ、そこに住む貧しい人々の習慣と生活を観察…