『王政復古』久住真也

p101 参内による天盃下賜は、新たな権力ゲームへの参加を意味した。井伊家のような徳川臣下である譜代大名には悩ましい事態の出現だった。

p103 三代家光以来の将軍参内は、文久三年(一八六三)三月七日におこやわれた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中