20171109『天魔ゆく空』真保裕一

p273 政元「たとえわしが子をなそうと、わしさえ死んでしまえば、醜い足の引き合いが始まるはずぞ……。畠山も斯波も似たような有様じゃ。ならば、我が子を苦しめるより、猶子や養子にあとを託し、わしは呑気に成仏したい」 姉「そ…

20171109『前髪公方(宮本昌孝)』

p8 茶々丸は、堀越公方・足利政知の子。 政知は、六代将軍義教の第三子だが、庶子は出血死という将軍家の先例により、幼いときに京都北山の天竜寺香厳院に入った。以後、二三歳まで寺にいた。 ところがかつて義教に滅ぼされた関東公…