20170926文士の遺言 半藤一利

p28
坂口安吾さんは、『夜長姫と耳男』や『桜の森の満開の下』に代表されるおとぎ話のような物語を通して現代を描くという手法を確立し、歴史小説に希望を見出していくわけです。

広告
投稿日: カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中