20170506 小品No.355 かの恋

かの恋 仏のたまはく 独生独死独去独来(どくしょうどくしどっこどくらい) 独り生まれ独り死ぬ 独り来たらば独り去りゆく 置き去られた子は 置き去られたままが 落ち着く先だろう 愛されなかった子は 愛されぬままが 落ち着く…

20170506 慶応三年の水練侍 木村忠啓

p7  伊勢神宮の警護の任を帯びた藤堂家は、海防論の広まりを受け、 弘化四年(一八四七)四月には志摩沿岸の測量、 嘉永二年(一八四九)には西洋砲術の採用、火薬製造場と砲工廠の建設、と矢継ぎ早の強兵策を行っている。  この…