20161228 アントニウスとクレオパトラ(下)

■オクタウィア
オクタウィアヌスの姉オクタウィアは非常に美しかったと言われている。同盟関係を固めるためにアントニウスと結婚した時には、三十代前半で、すでに一度未亡人となっていた。アントニウスとの間に二人の娘をもうけており、その系統から三人のローマ皇帝が出る。

■リウィア
オクタウィアヌスは、妊娠していたリウィアと結婚する。夫に離婚させ、その手から花嫁を受け取ったのである。確かに名門貴族の出身ではあったが、そこまで急いだのは、やはりオクタウィアヌスがこの魅力的で恐ろしいまでに聡明な女性に恋したためだろう。

■小アントニア
アントニウスとオクタウィアの末娘である小アントニアは、リウィアの二番目の息子と結婚する。アウグストゥス(オクタウィアヌス?)と結婚する時にリウィアが身籠もっていた子である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中