20161218 一遍上人と遊行の旅 at 新宮図書館

p54
一遍は妻と子と考えられる超一、超二を連れて熊野を目指していたとき、熊野権現とされる修行僧と出会い、賦算(ふさん)の札を拒絶される。このことに心を悩ませながら本宮に参籠した一遍に、熊野権現は「信不信をえらばず、浄不浄をきらわず、その札をくばるべし」との言葉を与える。これが後に言う熊野成道であるが、この出来事は一遍に深い道理を授けたとされているのであるが、その後、一遍がとった我々の知る行動は、妻子を里に帰して孤独の旅をえらんだということである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中