20160610 ボルジア家―悪徳と策謀の一族(四)~(七)

第四章 教皇アレクサンデル六世 第五章 アレクサンデルとチェーザレ 第六章 君主チェーザレ 第七章 ボルジア家の衰退とルクレツィア 第六章 君主チェーザレp202 p202 アエネアス・シルヴィウス・ピッコロミニ ※クザ…

投稿日: カテゴリー: 未分類

20160305 ボルジア家―悪徳と策謀の一族(三)

第三章 ロドリゴ枢機卿 p79 一四五八年八月十六日、コンクラーヴェ。顛末は当事者(法王)のシエナの枢機卿アエネアス・シルヴィウス・ピッコロミニ自身によって伝えられている。 p80 当初有利と思われていたのは、ドメニコ・…

20160301 ボルジア家―悪徳と策謀の一族(二)

第二章 法王カリスト三世──ボルジア家興隆の始祖  一四四五年、今やボルジアの名でイタリア人に知られることになるアロンソ・デ・ボルハは、ローマに到着。六十七歳。精力が溢れていた。ときおりの痛風の発作を除けばいたって健康。…

20160225 ボルジア家―悪徳と策謀の一族(一)

マリオン ジョンソン 著 海保 真夫 翻訳 出版社 中央公論社 発売日 1987/7/1 第一章 ボルジア家の始まり──ローマを目指して p7  ボルジア一族興隆の始祖アロンソ・デ・ボルハ(ボルジアはイタリア化した名)は…