20160627 須賀敦子 地図のない道

p11  書かれた当初からJPサルトルの目にとまるなど高い評価を受けていたにもかかわらず、(六七年に逝ったジャコモ・)デベネデッティは終生、この本(『一九四三年、十月十六日』)を自作と認めたがらなかったという。同朋にふり…

20160627 宮地たか『散華の悲恋 十市皇女物語』

p3 古代における最大の動乱、壬申の乱において、天武天皇(父)と大友皇子(夫)との間で王権を巡って争うという運命的騒乱に翻弄されて苦悶する皇女。更には、聖女(斎王)への道と恋情(高市皇子)の狭間で悩みながら、若くして世を…