20160223小品No.340 或る夜彼女は

或る夜彼女は とっくにわかっている 現実がどんなものかは 小さく吐息を一つ 今のわたし 同じことのくりかえし 適度な多忙 形式の会話 見なれた風景 けれどあの日々は まるで色が違った 極彩色の光が揺らめく 奇跡なんて言わ…