20160103 海馬を馴らす ロバート・B・パーカー

p9 「いつの世でも売春婦はいる」パトリシアが言った。「常に。そして、常に売春婦を操る人間がいる。だからと言って、そのやり方に善し悪しのちがいがないというわけじゃないわ」 p13 「でも、あなたは、なんとかしてやろうと努…

20160102 告別 ロバート・B・パーカー

p21  アイリッシュ・ウィスキイで気に入っているのは、飲むほどに口当たりがよくなる点だ。もちろん、不凍液でも同じことかもしれないが、人間は幻想で生きているようなものだ。

20160102 拡がる環 ロバート・B・パーカー

p35 「それでは、きみが皮肉な見方をしないものは何だ? 何を信じているのだ?」 「愛、私は愛を信じている」  アリグザンダーは、真剣な顔つきでじっと私を見た。(略)アリグザンダーが私を見つめたまま、言った、「私もそうだ…

20160102 儀式 ロバート・B・パーカー

p59  また笑った。ナイフの刃のように鋭く暗い笑いだった。「あたしゃね、物心ついてからずっと人にぶたれてんだよ。もう一度やられたって、どうってことないよ」 p93 「あの光景なんだ。悲惨さには慣れているが、問題は、変え…