20130314 ダンテ その華麗なる生涯(序)

ダンテその華麗なる生涯
昭和四十九年六月二十日発行
著者 野上素一
発行所 ㈱新潮社
*
序 私とダンテ
P11
ダンテと同じフィレンツェ生まれの現代詩人ジョバンニ・パピーニの『生けるダンテ』の中から次の言葉を引用しておこう。
「(略)彼はその神学的構造の系列からみれば聖トマス(アクィナスか?)の学徒だが、(略)
ダンテは心情的にはアウグスティヌス主義者であり、プラトン主義者であるが、頭脳的にはアリストテレス、聖トマス主義者である。(略)」と。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中