大阪府(橋下知事 2011/2/19_7:30頃~2/19_21:30頃)

大阪府知事・橋下徹さんのつぶやき

以下2011/2/19_8:00現在

573.今、読売テレビの楽屋。これから朝8時より、読売テレビウェークアップで、石原自民党幹事長、原口民主党衆議院議員の皆さんと討論します。皆さん、ご覧になってご意見下さい!!全部返信はできませんが、すみません。(2011/2/19_7:30頃)

574.民主党危機。梅村参議院議員は、公衆の面前で僕と平松市長との直接会談を確約したにもかかわらず、早くもあれは個人的見解だったと。個人的見解??そんなのありですか?だって各党の政策討論会に民主党の代表として来られたのですよ。民主党お得意のパターンですか?政治不信がピークになりますよ

575.言ったことをやらないという民主党の典型パターンにだけはならないようにお願いいします。公衆の面前で語る以上、個人的見解などあり得ません。この言い訳ぶり、政権交代後の民主党政権で嫌っと言うほど聞かされてきました。(2011/2/19_7:30頃)

以下2011/2/19_19:00現在

576.大阪市議会の質のレベルを疑います。これだから大阪市役所の好き放題を全くチェックできないんだろうな。何と言っても内閣総理大臣の8倍もの大阪市長の退金金、僕の給料よりも高い副市長の給料、全国一高い大阪市議会議員報酬を始め、全国一の職員厚遇、天下り、外郭団体、随意契約、職員数の多さ(2011/2/19_11:00頃)

577.大阪維新の会が外圧をかけて、市役所はいよいよやばいと思い、最近になって改革案を次々に出してきておりますがまだまだ甘いです。そして市議会議員。昨日のシンポジウムでの西成区選出の自民党柳本議員、公明党の辻議員の主張は酷過ぎました。だって道州制を堂々と語るんですから。

578.柳本市議会議員、辻市議会議員は、大阪都構想について中身がない具体性がないと猛反発しています。しかし道州制なんてもっと中身がないんですよ!柳本市議は、大阪都構想において市内の区割りはどうするのか?権限・財源・財政調整はどうなるのか?それが見えないことを都構想の反対理由に挙げます。

579.じゃあ、道州制の州割は?権限・財源の配分は?財政調整は?それこそ何にもありません。そういうのは、道州制の方向性を決めてから、役人をフル動員して設計図を作っていく過程ではっきりとしてきます。大阪都構想も同じ。方向性を決めたら、あとは役人に設計図を作らせる。これが政治・行政

580.公衆の面前で道州制について気持ちよく語る政治家には要注意。そもそも道州制には兵庫県知事、滋賀県知事、奈良県知事、福井県知事、三重県知事が明確に反対。柳本議員、辻議員、こういう状況で、どうやって道州制を実現するのですか?本気でやるなら選挙で変えていくしかない。政治闘争です。

581.道州制と言うのは、都道府県を潰すこと。都道府県内の市町村も再編していかなければならない。まさに新しい国づくり。しかし、柳本議員や辻議員は自分たちの大阪市が潰れる大阪都には反対。他の都道府県が潰れる道州制には自己陶酔で語られる。道州制って、役所の再編なんですよ!

582.言うだけなら簡単。柳本議員、辻議員、道州制を実現すると言うなら、兵庫県、滋賀県、奈良県、三重県、福井県の知事を獲りに行く、それぞれの議会の過半数を獲りに行くと宣言し、具体的な行動を起こして下さい。大阪都構想は、大阪での新しい国造りの実践版です。だから選挙で勝負をかけるんです。

583.大阪府の自民党、公明党は道州制を掲げる。そうであれば、各府県の知事を獲り、議会の過半数を制することを明確に目標に掲げないと実現しません。ところが各府県は道州制に猛反対。結局既存の政党では道州制なんてできません。言ってるだけです。やると言うならその道筋を示して下さい。

584.そして道州制の設計図を作るにはそれこそ各府県の役人から国の役人を1000人単位でフル稼働させて、5年はかかるでしょう。柳本市議、辻市議、そして自民党、公明党の皆さん、道州制の設計図はいつ作るんですか?道州制、道州制って、一体いつまで口だけの姿勢を貫くのですか?

585.やるなら本気でやりましょうよ。各府県の府県庁、そして府県内の市町村役場を一回0に、まっさらにして、関西のあるべき道州制の姿を設計する。この設計図作りには大阪府はもちろん、兵庫県、滋賀県、奈良県、京都府、和歌山県、福井県の職員をフル稼働し、市町村の職員もフル稼働しなければならない。

586.設計図作りを開始するには、選挙で各府県の知事、議会、市町村長、市町村議会で道州制の設計図を作ると言う方向性を決定しなければならない。柳本議員、辻議員、そこまで行動してやっと道州制の設計図作りに入れるんですよ。柳本議員、辻議員はそこまでやるのですか?

587.道州制って言うのは楽チン。しかし本気でやるとなるとそりゃ大変ですよ。今の政治家、そして大阪市議会がどんなレベルなのか良く分かりました。大阪都構想は道州制への一里塚。今の僕の力では、大阪府庁、大阪市役所、堺市役所の再編で精一杯。これでも凄まじい政治闘争です。

588.大阪都構想についての設計図を作るには、府議会・市議会、知事、市長でその方向性を決定しなければなりません。そして3年ほど大騒動の中で設計図を作り、最後は住民投票で決める。これが現実の府政に責任を持った僕の考える手順です。柳本議員、辻議員は何の責任も負ったことのない地方議員。

589.柳本市議、辻市議、道州制の設計図示して下さいよ!そんなの市議では作れないでしょ!道州制って言っているだけじゃないですか!しかも何の行動も起こさない。こういう政治が政治不信を膨らませてきたのです。道州制で府県を潰す案のことを発言する前に大阪市を見直す行動を起こしましょうよ!

590.自分の所の大阪市は温存して、他の府県、市町村を潰すことになる道州制を言ったところで誰も賛成しませんよ。そして道州制の中身については柳本市議、辻市議は何も答えられないはず。一方、大阪都構想には重箱の隅をつつくようなことばかり問題視する。結局、自分のポジションを守りたいだけ。

591.辻市議は大阪市役所の改革に拍手を贈るような発言をしきりに言ってました。これじゃダメですよ。役所の改革が必要なことはシンポジウムの聴衆の雰囲気で分かったはず。辻市議は、大阪市役所は何千人職員を削ったが大阪府は少ないと言っていました。絶対数で比較してどうするんですか?

592.大阪市役所はそもそもがぶよぶよの役所。全国の市町村、特に政令市と比べてもそのぶよぶよさははっきりとしているのです。一方大阪府の場合には、他の同じような都市部の府県と比べてもそこそこの人数になっていた。だから今回僕の職員削減案では、全国一のスリム化を目指す案としました。

593.大阪市も全国の政令市の中で一番のスリム化を目指して下さい。特に横浜市よりも。そうすれば今までの改革では全然足りないことがはっきりとしますよ。絶対数ではないのです。メタボの人が3キロ体重を落とすのと、普通の人が3キロ落とすのでは全然意味合いが違う。大阪市役所は前者、大阪府庁は後者。

594.それを辻市議は、絶対的な3キロと言うことにこだわる。こんなの役所の言い分に乗らされているだけです。大阪市役所は昼間人口なんて言いう都合のいい言葉を持ち出し、横浜市並みにスリム化する必要はないと詭弁を弄し、平松市長はそのまま発表しています。大阪市議会の皆さん、役所に騙されていますよ

595.お互いに全国一のスリム化を目指しましょうよ。柳本市議、辻市議、約束できますか?政令市と府では組織が違うので、他の類似団体との比較で全国一です。そうすれば今の大阪市役所の改革案では全く不十分。これまでの大阪市の改革なんて、改革になっていません。

596.それと、本日、石原自民党幹事長は大阪都構想に賛成して下さいました。基礎自治体の人口は50万人が限界だと。辻市議、自民党の幹事長がそう仰っていますが、政党として機能しているのでしょうか?自民党も政党として機能していないのでは?片山総務大臣は、都市部において基礎自治体は20万人。

597.過疎地においては基礎自治体として1万人が限界だろうと仰っていました。大阪府の民主党さん、皆さんは政党として機能していますか?もうむちゃくちゃです。既存の政党は崩壊しています。政治価値、政治的理念の統一が全くありません。これが日本の政治の現状。まずは政党で意見をまとめて下さい。

598.中央の自民党幹事長、片山総務大臣も、都市部の基礎自治体として大阪市役所のあり方は問題ありとご認識されています。大阪市役所、堺市役所は区役所改革でごまかしますがダメです。市長、市議会は今の役所をとにかく守るだけ。そもそも市役所のあり方は政治家、有権者が決めること。(2011/2/19_12:00頃)

599.役所があーだこーだ言う話ではない。市長が行政の長として発言する問題ではない。これこそ政治に対する冒涜である。市長は政治家の側面も有する。だから政治家として発言すべき。特に市役所は、補助金を配っている関係団体を利用して、大阪都構想反対の政治集会を開くが、言語道断。

600.さあ、大阪府民の皆さん、市民の皆さん、これまでの役所支配の日本の構造に本気で闘っていきましょう。特に大阪市民の皆さん、おいしい思いをしているのは、市役所のタウンミーティングに参加している一部の住民。役所支配をぶっ壊して、本当の市民のための役所を作りましょう。市民を守るのは維新の会

601.それと梅村参議院議員、僕と平松市長の直接会談の件はどうしますか?これまた、言ったはいいものの無理でしたと言ういつもの民主党のパターンでしょうか?もう有権者は失望を通り越して怒りになると思いますよ。政権与党であり平松市長には指示命令できる関係なんでしょうからお願いします。

602.僕と平松市長の直接会談ぐらい設定できずに、大阪の何を変えると言うのですか?日本の何を変えると言うのですか?大阪の民主党に対する大阪府民の怒りはボルテージに達しますよ。たかだか、知事と市長の直接会談。これぐらいも政権与党はできないのですか?

603.大阪市役所職員、大阪市議関係者と思われる方々から一斉反論が来ています。良いですね!大阪市役所は基礎自治体というのを考え直す時期に来ている。にもかかわらず、上記関係者は大阪市役所は基礎自治体の大合唱。さあ、大阪大騒動で、新しい大阪の設計図を作り、日本の設計図作りにつなげましょう!

604.既存の政党は、実現もできないマニフェストを作るだけ。大阪維新の会は昨年夏から大阪府内でタウンミーティングを開始。一回2時間近くしゃべっています。それを72か所。一日3か所、6時間。それに加えて街頭演説。今日もお昼からタウンミーティング3か所、街頭演説をします。皆さんご参加を!

605.タウンミーティングや街頭演説は、大阪維新の会HPでスケジュール公表しています。統一地方選挙でここまで政治運動をやった政党はないでしょう。言うのは簡単。やるのは大変。既存の政党は言うだけ。道州制、やって下さいよ!梅村議員、平松市長との直接会談お願いします!やるのが政治家です。

606.日本再生の方策。赤字国債の発行を自民・公明が反対する。予算が組めません。そこからが本気の政治。赤字債の分を、削減か増税かで賄わないといけません。日本中が大騒動になる。これが今の日本に必要なんです。赤字債を禁じても、税収は40兆近くあるので、夏ごろまでの予算は持ちます。

607.夏前を期限として、本気の歳出削減に取り組む。民主党の公約も全て対象です。国会議員は大変になりますよ。業界団体への出鱈目な補助金を全部切らなければなりません。必死のぱっちです。施設の見直し、地方自治体への交付金・補助金も。自治体も公務員給与の見直しを迫られます。

608.だいたい国会議員はいつ報酬30%カットを打ち出すのですか?それがないと公務員の人件費削減なんてできない。そして公務員の人件費削減ができなければ、国民に負担を求めることはできない。規模は違いますが、3年前に大阪府でこの手法を僕は獲りました。予算は凍結。夏までの暫定予算。

609.赤字国債の発行を止めてもそれだけで日本は転覆しません。40兆円ほどの税収はあるわけですし、国民生活も最初に全てのお金が必要なわけではありません。予算が組めないと国民生活が大変なことになると言う民主党の脅しに乗ってはいけません。暫定予算で最低限の予算を組めばいい。

610.公務員給与だって何から何まで3カ月分くらいの予算。そして、それ以後はいよいよ金が足りなくなるわけだから本気の改革になりますよ。地方に対して渡している金もばっさり切ればいい。その代り税源移譲が進みます。もう国では金を集められないから地方で集めてと。こうなって本当の地方分権。

611.国民に負担を求めるのに、内閣総理大臣が政権与党が決断しないと実行できないという日本の仕組みが破綻しています。全国に1700人ほどの選挙で選ばれた首長が居る。そこに税を集める権限と責任を渡せば良い。気合の入った首長は、住民に説明責任を果たしながら税を集める。

612.税を集めるときには徹底した行革が必要。そうでないと有権者からはNOを突き付けられる。日本全国が民主党政権の行動をじっと待つなんていう今の日本の仕組み、統治機構を変革しないと、ほんと日本は沈没です。赤字国債の発行を止めれば、皆真剣に考える。赤字国債を認めるから皆楽な方に流れる。

613.議員も公務員も国民も皆で負担をする。真剣に改革に取り組む。その大号令をかけるのが総理大臣。それを支える国会議員。3年前の大阪府は大騒動になりましたよ。それでもそれがあったから職員人件費の削減、しかも退職金の削減にも踏み切れた。ありとあらゆるものの見直し。

614.減債基金からの借り入れを止めて、今では通常の借金返済に加えてこの基金の返済もやっています。赤字債の退職手当債は発行禁止、その上で貯金としての基金を760億円積み立てました。11年ぶりの赤字予算、決算からの脱却。それでも教育等に数百億円単位で金をぶち込みました。

615.全国でも大阪府だけですが、私立高校にも610万世帯までは無料で、800万世帯までは10万円で通えるようにしました。遅れている公立中学校の給食にも246億円は何とか確保。とにかく、最初に借金はできないようにすることなんです。そうしたら本気で改革が始まります。これが国会議員の仕事。

616.本気で改革をやったら、皆からボロクソニ言われるし、次の選挙なんてどうなるかは分からないですよ。業界団体への訳の分からん補助金は全部廃止しないとダメですよ。僕もそうでした。民主党は危ないな~業界団体とどんどん近付いてきているし。国会議員の皆さん既存政党の皆さん、本気でやって下さいよ

617.とにかく赤字国債を禁じる。夏までの暫定予算。それ以後は予算が組めない状況を作る。こうやって日本全体が動きます。日本全体を動かす状況を作っていくのが日本のリーダーの仕事だと思います。日本大騒動!楽しみ!ここから今の日本の問題点が全て炙り出されます。ワクワクしますよ!

618.国民の皆さんもその時は少々我慢しましょう。自分だけの権利が守られることはありません。少し我慢すれば新しい日本ができると思えば楽しいもんです。今のどうしようない行政組織、政治が変わるのであればね。赤字債を発行して高速道路の無料化なんて馬鹿なことはよしてくれ!

619.今の国会議員が本物かどうかは、赤字債を禁じることができるかどうかではっきりする。これはとてつもない勇気がいる。本気で改革をやる覚悟がいる。赤字債分の収支改善をしなくちゃならないんだから。野党の皆さん、本気で行けますか?ここが政治家としての大勝負ですよ。日本再生の大チャンス。

620.このタイミングを逃したら日本の再生はあり得ない。とことんまで追い詰められてこそ、ビッグチャンスに転じる。国民もここまで来たら我慢する。業界団体の声ではなくて国民一般の感覚を感じて欲しい。一世一代の日本再生のビッグチャンス。赤字債の発行禁止!暫定予算。そして日本大騒動!

621.本日の読売テレビウェークアップにおいて石原自民党幹事長、片山総務大臣は都構想について、大阪市役所という役所は巨大過ぎ住民自治が及んでいないというご認識で一致されました。平松市長のみが市役所役人ペーパーに踊らされ、中身がない具体性がないの一点張り。もうそろそろ僕と直接議論する時では(2011/2/19_13:00頃)

622.大阪市役所のあり方、大都市自治体のあり方について、これから国レベルでも議論が始まります。平松市長、竹山市長、このままだと置いていかれますよ!区役所改革はごまかしです。自治ではありません。既存の政党の大阪市議会議員も、もうそろそろ大阪都構想に真正面から向き合うべきです。

623.市役所職員、市議会議員の身分のことを最優先で考えるのではなく、大阪全体のことを考えて。石原自民党幹事長は基礎自治体は50万人が限界。片山総務大臣は都市部の基礎自治体は20万人、過疎地は1万人が限界であろうとご認識を示されました。今の役所組織を前提とするのは役人的発想。

624.選挙で選ばれた公選職は今ある制度を前提とするのではなく、あるべき姿を追求することが使命です。いまある制度を前提とするなら選挙で選ばれる必要はありません。役所組織から順当に市長が選ばれる方がよっぽどましです。自民党、民主党は見解の統一をして下さい!公明党のマニフェストも全く意味不明

625.国政の自民党、公明党、ここは踏ん張って赤字国債を絶対に止めて欲しい。予算が成立しなくても暫定予算にしたら、国民は絶対に納得します。その代りその後が血みどろですよ。与党も野党も関係なく、日本の大掃除です。その前にまずは国会議員の報酬削減、公務員の給与削減から。

626.僕も知事就任直後、府債の発行は禁止!と大号令をかけました。その後一部の発行は認めたのですが、勉強不足のメディアやコメンテーターは朝令暮改などと。口だけジャーナリストにそういう意見が多かったです。これは大阪全体を動かす大号令。そのおかげで財政再建へ踏み出せたのです。

627.来年度赤字国債禁止と言っても、最後は一部発行しなければならない事態が生じるかと思いますが、それでも日本大掃除が始まり、次々年度くらいからは赤字国債がなくなります。自民党、公明党の皆さん、僕の政治感覚では赤字国債発行を否決しても国民は付いていくはずです。

628.その代り、議員報酬、公務員報酬、国も地方も含めてドーンと削減。これもちまちまじゃ駄目です。えっ!そこまでやるか!というくらい。その姿勢を示せば、国民は付いてきます。その後は業界団体への補助金全廃、外郭団体は0ベースで見直し、天下りからな何から全廃。地方にも厳しく。

629.もうむちゃくちゃやって下さい!そして夏までに方向性をまとめれば、国債の金利が上がるどころか、確実に国債格付けは上がります。そういう日本が見たい!この大勝負どころ、政治家なら感じるはずです。赤字国債の発行禁止、国民は応援します!

630.本日石原幹事長、片山総務大臣、そして木曜日に民主党衆議院議員逢坂政務官とお話をしました。今日のウェークアップでのVTR自治法学者である田村さんのコメント。皆さん大きな勘違いをしていることが分かりました。片山総務大臣、石原さん、逢坂さんには誤解が解けました。

631.大阪都構想は、大阪府大阪市の単純な合併だと思っているようです。市町村合併のような。だから巨大な役所ができると皆は口を揃えて言う。大阪府内の市町村を全て潰して、知事が全部やる!みたいなイメージだったようです。僕はゴジラかっ!だいたい僕は都構想を実現したら知事をやるつもりはありません

632.僕のイメージから、知事が府県の仕事も市町村の仕事も全部やるって思われていたようです。ですから片山総務大臣も、自治体が大きくなると住民自治の観点から問題と指摘されましたし、学者も大阪に指揮官一人は危険と訳の分からんことを言い続けております。

633.全くの誤解。大阪市と言う巨大過ぎて住民自治が全く及んでいない役所を適正規模に再配置。大合併の反対です。今の大阪市役所は、合併をしたわけではありませんが、大合併で失敗した役所と同じような状況になっているのです。だからもう一度大阪市役所を作りなおそうと。(2011/2/19_14:00頃)

634.大阪市役所には住民サービスに特化してもらい、中核市並みの自治権のある自治体に再編します。そうしますと、広域行政において大阪府と大阪市がぶつかることがなくなるのです。大阪市が有している住民サービスの機能は全て特別自治区が引き継ぎます。

635.大阪市内に自治権を確立させると、必然、広域行政においては大阪府と大阪市というエリア分けがなくなるのです。大阪都の権限がべらぼうに強くなるわけではありません。今の府県の権限か、むしろ中核市を作ることによって今の府県の権限以下になります。ただしエリアが、大阪市大阪市外が一つになります

636.大阪都の権限は増えません。むしろ今の都道府県よりも小さくなります。その代りエリアが大阪府全域となります。大阪府の面積は、全国で2番目に小さい。ということは大坂都は、巨大な自治体になるわけではないのです。大阪市、大阪府と分かれない面積の小さい、分かりやすい府県になるだけです。

637.石原自民党幹事長、片山総務大臣、逢坂政務官の誤解を何とか解くことができました。しかも非常に中身のある、都市制度のあり方に関する問題であることも。そして方向性を決めたら、あとは役所で制度設計する話であることも。都知事が広域行政から市町村業務まで何でもやる話ではありません。

638.自治法の専門家である田村さんはじめ、その他の都構想大っきらい学者さん、もっと勉強して下さいね!今、貝塚に向かっています。

639.自民党、民主党、公明党さん、マニフェストについて議論しましょうよ。予算編成権もないのになぜあそこまであれやるこれやるが言えるのか、また条例制定権の範囲を逸脱している条例制定を何故約束できるのか、きっちりとお聞かせ下さい。

640.貝塚市での維新の会代表代行今井大阪府議の事務所開き、その後熊取町でタウンミーティング、そして今、泉佐野市で新田谷元市長の維新出馬式に出席してきました。集まった皆さん、皆熱いです。今の政治に不信を抱いている。そして新しい大阪の設計図作りを期待されています。今から阪南市の街頭演説(2011/2/19_18:30頃)

641.阪南市での街頭演説もたくさんの人に集まって頂きました。もう既存の政党の政治に皆さん嫌気がさしているようです。大阪都構想についても賛同頂きました。大阪府、大阪市というエリアの垣根をなくして、大阪を一つとして世界と勝負をする。皆さん感覚的に理解してくれるみたいです。

642.これから泉南市のタウンミーティングです。さて、この維新の会の政治活動と一緒に給食普及の活動もしています。市民の皆さんに公立中学の給食導入を訴えると万雷の拍手。早々と箕面市、岸和田市、柏原市が導入表明。本日多くの貝塚市民に訴えると万雷の拍手。同席していた貝塚市長も導入表明。

643.阪南市でも給食導入に万雷の拍手。少しずつ大阪が動いています。市民の皆さんが市長村長を動かさないと役所の理由で何も進みません。役所は金がない、まず耐震化、クーラーの設置が先と言い訳をします。市長村長、役所の言い訳を許さないよう、府民の皆さん立ち上がりましょう。

644.大阪市、堺市には大阪府庁からの補助金は出しません。大阪市、堺市は政令市として宝くじ財源が年間に100億円以上ありますから。それに大阪維新の会が大阪市役所に乗り込めば、大阪府庁の金を使うことなく、公立中学の給食は実施します。さて泉南市でも給食導入を訴えかけます。市長も同席ですし。

645.耐震化、クーラーの設置は当然ですが、給食も同時にやらなければなりません。公立中学の給食普及率は全国で80%以上。一方大阪は7・7%。大阪が異常です。他の市町村は耐震化もクーラーもやりながら給食もやっています。(2011/2/19_18:30頃)

以下2011/2/19_20:30現在

646.今、泉南市でのタウンミーティング終了。会場に入りきれないほどの市民の方にお集まり頂きました。都構想について丁寧に説明をしたら、皆さんから万雷の拍手。感謝です。そして中学給食普及運動。給食の必要性を説き、市民の皆さんに公立中学の給食が必要か尋ねました。必要ですか!と。(2011/2/19_20:00頃)

647.会場が割れんばかりの拍手となりました。もの凄い拍手でした。そこで同席していた市長に尋ねましたら、導入するとのこと。こうやって住民が行政にプレッシャーをかけていかないといけないんです。公立中学の給食なんて無茶な話ではありません。だって全国では80%の普及率なんですから。

648.大阪府内の市町村が怠慢していただけです。住民がプレッシャーをかけて行政が応じる。住民もむちゃくちゃな要望はダメですけど。住民の皆さん、自分たちの力で行政を動かした実感を持って頂けたと思います。こうやって政治行政を動かさなければなりません。泉南市民の皆さん頑張りましょう!

649.まあこれで、僕と同席してくれる市長はいなくなるだろうな~。さて、今から本日ラストのタウンミーティング、岬長の会場へ向かいます。(2011/2/19_20:00頃)

以下2011/2/19_22:00現在

650.大阪府最南端地域、岬町でのタウンミーティング終了。いやー本日もたっぷりしゃべりました。岬町の皆さんも都構想推進です。自民党、民主党、公明党、共産党の既存の政党はマニフェストは作ったはいいけど、タウンミーティングってやってるのかな?こちらは昨年夏から毎週この調子。(2011/2/19_21:00頃)

651.大阪都構想について「もっと住民に説明を!」と自民党、公明党、民主党、共産党の既存の政党は僕らに言っていたけど、自分たちの政策にはついてはどれくらい住民の皆さんに背通名しているんだろう?まあ70回を超えるタウンミーティングは、国政選挙でもこんなことないだろうし。

652.明日は広域連合。午後いっぱい。その後大阪市我孫子駅前で街頭演説。広域連合でこれだけ汗をかいているのに、平松市長はじめ政令市長は何もせず。そして一番おいしいところが見えたら参加するだって。勘弁してよ。早く一緒にやりましょうよ!(2011/2/19_21:30頃)

end

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中