大阪府(橋下知事 2011/2/8 10:00頃~2/8 11:00頃)

大阪府知事・橋下徹さんのつぶやき

以下2011/2/8_18:30現在

366.読売新聞(大阪版)1面に、首長新党の候補擁立について「好ましくない」が53%という評価。大阪維新の会も真摯に受け止めます。ただ、有権者の皆さんに大きな誤解があります。統一地方選挙があるのでこの点皆さんにご理解してもらわないと大変なことになります。(2011/2/8_10:00頃)

367.今の2元代表制というシステムでは、地方議会には予算編成権も責任もありません。ですから予算を伴う「あれやります、これやります」は、公約として成立しません。民主党のマニフェストみたいになってしまう。にもかかわらず既存の政党は議席を得るためにマニフェストを出してくる。

368.予算編成権もないのに予算を伴うことについて、約束すると言うことは有権者への裏切りです。議員は首長と共にマニフェストを作らない限り、公約とはなりません。議会はチェック機関というなら、首長がやることに対して、「これは認めます、認めません」というのがマニフェストになるはず。

369.首長がまだ提案していないものについて、議員があれやります、これやりますというのはそれこそ議会が良く口にする2元代表制違反。これまでの統一地方選挙で議員があれやります、これやりますと言っても、ほとんど実現できず、結局有権者は地方議会に不信感を抱く。これが現状。

370.やれることを約束するのが政治。そうであれば議員は首長提案のものについて認める、認めないだけを有権者に約束するべきなんだよね。だから僕は地方議会に予算編成権と責任を持たせるべきだと言って、議会内閣制を提案した。ところが議会サイドは自分たちはチェック機関だからと言って拒否する。

371.チェック機関なんだったら、首長が考えてもいないことを予算を伴う形であれやります、これやりますというのは完全に越権ですね。統一地方選挙の度に行政的な裏付けが何もないものを、既存の政党はあれやります、これやりますと言って、何もできないの繰り返し。既存の政党が嫌気を差されるのは当たり前(2011/2/8_11:00頃)

372.議会が予算編成権を持つか、それとも首長と政策協議をしてマニフェストを作成するしかない。それしか公約としては成立しない。今、地方議会は予算編成権を持っていないので、大阪維新の会は知事である僕と議員が共同してマニフェストを作りました。チェック機能は?という点はまた次回に。

373.今からインドに行ってきます。大阪の企業団と一緒に大阪の技術力を売り込んできます。インドでの実況中継は、スケジュールの関係上難しいかもしれません。海外への大阪の売り込みについても、大阪府と大阪市で別個にやって2重行政になっています。大阪都になれば都が引き受けることになるでしょう。

374.先日の僕の質問に対して平松市長からまだ何も返答を頂けません。かなり具体的に質問したつもりだったんだけど。市長として、職員がNOと言っても決断する連携は何か?大阪市に本当の自治権を確立する大阪都構想の課題。また議論はすると仰られたので、いつ、どちらでして頂けるのか。インドで待ちます(2011/2/8_11:00頃)

end

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中